2010年02月04日

学級閉鎖は減少=新型インフル−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は3日、1月30日までの1週間にインフルエンザが原因で学級閉鎖や休校を行った保育園や幼稚園、小中高校などは、前週より563校少ない1596校だったと発表した。
 休校などの措置を取った施設は、冬休みが終わった後の前週に増加したものの、減少に転じた。同省は「入院患者数や集団感染の数も減少傾向だが、現在も新型インフルエンザが流行中であることに変わりはない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン
新型ワクチンで死亡の可能性=副作用で初、新潟の80代女性
輸入ワクチン、希望は3都県=949万回分余る

石原知事、名護市長選の結果で政府に皮肉(産経新聞)
JR環状線で信号機トラブル(産経新聞)
火災 群馬で店舗全焼…焼け跡から遺体(毎日新聞)
カーナビ盗難、過去最多=自動車本体は6年連続減−地域と車種で明暗も・警察庁(時事通信)
<荒瀬ダム>熊本県が撤去方針伝える 水利権再取得は困難(毎日新聞)
posted by ミズオチ シュウジ at 04:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。