2010年03月29日

コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求−岡山(時事通信)

 コンビニエンスストア加盟店主らでつくる労働組合のコンビニ加盟店ユニオン(約230人)は24日、セブン−イレブン・ジャパン(東京都千代田区)が団体交渉に応じないとして、岡山県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。
 同ユニオンは昨年8月、長時間労働や少ない裁量権といった労働条件の改善を目指し、岡山市で結成。同9月に連合岡山に加盟し、セブン−イレブン本部に団体交渉を3回要請したが、実現しなかった。
 池原匠美執行委員長らは申し立て後、記者団に「個々の話し合いでは問題解決につながらない。団体として話し合いの場を設定してほしい」と語った。
 セブン&アイ・ホールディングス広報センターの話 フランチャイズ契約は事業者間契約で、労使関係はない。事実を確認した上で適切に対処したい。 

【関連ニュース】
一足早い入社式=グループ14社736人
加盟店向け相談を強化=本部とのトラブル増で
ファミマ、東京でシェアトップに=生き残りへ再編加速も

<秋篠宮さま>ラオスへ出発 28日に帰国(毎日新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(5)心救われない被害者(産経新聞)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
信楽透器 電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>「さらに究明を」首相が談話(毎日新聞)
posted by ミズオチ シュウジ at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。